現在位置

ホーム > ブルードルフィンズの特長 > 教育理念


教育理念

クラス案内

ブルードルフィンズの教育理念

未来を担う子供たちのために、私たちができること。すべきこと。

私たちは1976年から約35年間、進学教育、幼児教育、そして英語教育に取り組んでまいりました。現在全国140の拠点で教育活動を実践しており、卒業生は約15万人に達しています。幼児教育分野におきましては、言語発達に関する脳科学の理論とネイティブティーチャーによる英語教育の経験を生かし、成果のあがるプリスクール“Blue Dolphins”を展開しております。
未来を担う子供たちのために、豊富な経験とネットワークで、信頼できる21世紀の教育機関として、皆さまとともに歩んでまいります。

幼児教育に対する教育理念

人間を第一に考えることにより、社会への貢献を目指すとともに、教育における質の向上を追究しています。
私どもブルードルフィンズは、「人づくり」こそ教育の原点であると考えます。旧来の枠組みとは異なる、本物のコミュニケーション能力を育む教育スタイルを通じて、国際社会で対等に渡り合える、真の意味でグローバルな人材の育成、世界を舞台に活躍できる人づくりをめざします。ブルードルフィンズから、未来を支える多くのリーダーたちが生まれることを期待しています。
世界を舞台に活躍できる人づくりをめざして、本格的な幼児英語教育に力を入れています。学校英語の枠組みとは全く異なる、本物のコミュニケーション能力を育む教育スタイルを実践し、“未来ある子供たちの将来に何をすべきか、また何をしてあげられるか”を常に考え、取り組んでいます。子供たち将来の姿を、保護者の皆様だけではなく、子供たち自身が夢み、思い描き、その夢に向かって進んでいけるように私どもは取り組んでいます。
ブルードルフィンズの教育活動から未来を支える多くのリーダーが生まれることが、私たちの切なる願いです。

5つの教育指針

1.国際感覚を身につける

英会話能力とは別に、遠慮や気後れなど、気持ちの面が外国人とのコミュニケーションを阻んできたとの指摘があります。幼児期から青年期に外国人と接した人は、このようなことが少なく、ごく自然に英会話コミュニケーションができるようです。
ブルードルフィンズは、ネイティブティーチャーとの様々なふれあいを通じて異文化を理解し、日本にいながらにして、国際感覚、英会話能力を育める教室です。

2.自然な形で英語力を身につける

英語をコミュニケーション手段として英会話環境で長時間過ごすことにより、子供たちは、どんどん英語・英会話能力を身に着けていきます。私たちは、英会話能力の発達の著しい幼児期だからこそ、最適な方法と英会話環境が重要と考えています。
ブルードルフィンズでは、「英語を学ぶ」のではなく、「英語で学び、英語で遊ぶ」ことで、自然なかたちで、無理なく英会話を習得していきます。

3. 「称賛の教育」でセルフエスティームを育む

「称賛」は、子供たちの意欲や関心を喚起し、英会話能力を伸ばします。そして、笑顔で褒められることで、子供たちのセルフエスティーム(自己有能感、自信)が育まれ、英会話能力向上へと結びつきます。
ブルードルフィンズでは、「称賛」を基調とした英会話教育により、子供たちのセルフエスティームを高め、明るさと力強さを育みます。

4.豊かなコミュニケーション力を育む

子供たちは、集団生活の中で、将来の社会的適応力の基礎となる生活習慣を身につけていきます。子供同士はもとより、周囲の人たちとの英会話コミュニケーションは積極的に体験させてあげたいものです。
ブルードルフィンズでは、日常のカリキュラムだけでなく、様々なイベントを通じて、子供たちに豊かなコミュニケーション・英会話能力を育む指導を実践しています。

5.一人一人の個性を育む

欧米では、子供たちを集団として型にはめる教育ではなく、一人一人の個性にあわせて能力を伸ばす教育が重視されています。ブルードルフィンズでは、長年にわたる幼児教育の経験をベースに、欧米型教育観を導入し、創造性や構成力、マナーや責任感を育みます。

お電話でのご相談・お申し込み
各校へのお問い合わせはこちら
インターネットでの資料請求・お申し込み
資料請求はこちらをクリック

ページトップ